ローン債務と求償権

ローン債務と求償権ですが、求償権はローンの債務において、債務者の債務を弁済した人、つまり連帯債務者であったり、保証人が、債務者に対して持っている返済請求権のことをいいます。
通常、求償権には、消滅時効がありますが、商行為の場合は5年で、それ以外は10年と決められています。
この消滅では、一定期間に権利を行使しないと、権利そのものがなくなってしいます。
それえ、消滅時効の起算点は、免責行為をした時点から事項が進行します。

 

どういう場合があるかというと、住宅ローンなどで、個人が返済できなくなった場合、銀行は保証会社に対して代位弁済を請求します。
そこで、保証会社は債務者に変わってローンを返済しますが、受託ローンの債権や担保物件は保証会社所有ということになります。

 

それから、ビジネスローンでは、中小企業が保証協会の保証付ビジネスローンを利用していたときにその返済ができなくなってしまい、期限の利益をなくしてしまったという場合、 銀行などの金融機関は保証協会に対して代位弁済を請求します。
そこで、保証協会は債務者に変わってローンの金額を返済します。
この時点でローンのときに決められた、債権や担保物件は保証協会のものになります。このような仕組みのもとで、代位返済が行われるための、請求権利を求償権といいます。

関連サイト

じぶん銀行カードローン審査!即日融資申込み【24時間スマホ対応】
じぶん銀行カードローンの審査に通過したい人必見!審査に通過する条件の3つを徹底分析!ここを見れば、難しいじぶん銀行カードローンの審査も簡単に通過して融資を受けることが可能に!
www.ginkou-cardloan-shinsa.com/