預金連動型の住宅ローン

預金連動型の住宅ローンでは、住宅ローンを考えている人が一番注目する商品ではないでしょうか。住宅ローンにある程度詳しい人だと、預金連動型について、さらに知りたいという問い合わせもあるようです。
では、預金連動型住宅ローンとはどういったものなのでしょうか。住宅ローンに残高がある場合、預金残高と同じ金額までの部分は、住宅ローン金利がゼロになるというものです。

 

つまり、預金がどんどん増えていくのであれば、金利がかからないといったところが増えてくることになりますから、月々の利息支払額を減額させるkとおができるというわけです。
このローンは現在扱っている銀行はいくつかあるようです。ある銀行の例では、預金残高部分のローンは金利がかからず、繰り上げ返済を行う場合に、見直すことができるという特徴があります。

 

ほかには、預金残高に関係なく、住宅ローンの残高がローン減税の対象となるため、繰り上げ返済の効果をキープしながら、減税のメリットを受けられるということになります。
また、なにかあっても預金はのこりますし、預金残高に関しては、資金運用ができます。さらに保証料が無料というのは、非常に魅力的ではないかと思います。
ただし、円普通預金残高には金利がつきませんし、一定のコスト金利がかかるということは確認しておく必要があります。


みずほ銀行のカードローンとは?


みずほ銀行カードローン審査!借り入れ申し込み【評判・口コミは?】⇒みずほ銀行はカードローンもお得!金利が年間4.0%~14.0%と業界の中でも最も低い金利で借りることができます。また、銀行という安心感もあり人気のカードローンです。詳しいことはこちらのサイトでどうぞ!