ファクタリング審査甘い

ファクタリング診断おすすめ第1位

トップページ > 新潟県

「銀行融資を断られた!」
「急ぎで運転資金が必要!」
「ビジネスローンの審査に落ちた!」


と緊急で運転資金が必要な方に!

当サイトでは、新潟県にお住まいの事業者の方に、最適な調達先が10秒で見つかる人気のファクタリング診断サービスを紹介しています。

まず最初に、全国のファクタリング業者を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「資金調達プロ」の利用です!

今、資金調達プロが多くの事業者に選ばれている理由は次の4つです。

  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 上場企業の運営なので安心

と大変便利で活用しやすいファクタリング診断サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで利用可能かどうか審査してくれます。

対応可能額も100万円~3億円までと大きく、手続がカンタンで結果がすぐわかるという点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
日本最大級のファクタリング診断サービス

最適な調達先が10秒で見つかる
評価対応可能額対応エリア
★★★★★100万円~3億円全国
  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 信用情報への影響なし
  • 秘密厳守で売掛先へ通知なし
  • 上場企業の運営なので安心

【カンタン10秒の無料診断!確実に資金調達したい方へ】
資金調達プロの10秒カンタン無料診断を使えば、今いくら資金調達できるかすぐに分かります。こちらのサービスを利用すれば、一社ずつファクタリング業者を探す手間が省け、自分にぴったり合う資金調達の方法をスピーディーに見つけることができます。資金調達プロは、東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心して利用できます。緊急の資金が必要な経営者様はぜひご活用ください。クリックすると、毎日複数の成功事例が確認できます。

ファクタリングまとめ

結論!全国で無数にあるファクタリング業者を徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
資金調達プロとなりました!

  • ビジネスローンの審査に落ちた経営者でも利用可能
  • 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  • 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫

急ぎの資金調達を検討している方はココに決めて正解です。

新潟県の方向けファクタリングQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かるファクタリングですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.ファクタリングって何?

A.入金待ちの請求書を買い取ってもらうサービスです。

ファクタリングは売掛金(例えば、入金待ちの請求書等)を買い取ってもらい、早期に資金化するという内容になります。事業資金を手に入れるサービスのため、融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ていますが、それらとは異なったサービスになります。

Q.ファクタリングのメリットは?

A.ポイントは4つです。詳しくは・・・。

  • 最短即日での現金化が可能
  • 担保・保証人なしで利用できる
  • 信用情報への影響がない
  • 借入よりも審査がやさしい

となります。急ぎで資金が必要にも関わらず融資を受けることができない企業にとって、資金獲得の有力な手段の一つです。

Q.ファクタリングのデメリットは?

A.ポイントは2つです。詳しくは・・・。。

  • 手数料が高い
  • 悪質なファクタリング業者がある

となります。特に最近増えてきたファクタリング業者を騙る悪質な業者に注意が必要です。当サイトでは、安心して利用できる東証一部上場企業である株式会社セレスが運営している資金調達プロの利用をおすすめしています。

資金調達の基礎コラム

ローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という単語です。

どういった内容か見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローンのことでした。

検索して一番上に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を受けられるようです。

融資額も最高5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

そのため短期間で資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

世の中には様々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に銀行融資と言われる銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを説明します。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで提出が必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本の提出が必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはHPから申し込むだけです。

ネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日ととても早いローンもあるようです。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

実際に発表されたデータによると2009年から2014年にかけて中小企業は39万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業が多いそうです。

こういった規模の会社の短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするビジネスローンです。

ビジネスローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて利益があまり出ず、赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合ではその利益から毎月の返済ができると判断され融資が決められるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性がある場合もあります。

例を挙げると、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンをイメージしますが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり事業用にお金を借りることはできません。

事業者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けるとみなさんがイメージする銀行融資と金利が高くなりがちだけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資と非常に大きな差があります。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、そんなときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンにはいろいろな特徴があります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると審査時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開業資金など決算書がない場合も事業計画所提出で審査条件を適用してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使い道自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローン商品が用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も第1・第2創業期向けローンでは5年以内の返済では優遇金利で1.2%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの申し込み時は原則保証人不要なようです。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは雑誌の見出しなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

①運転免許証などの本人確認書類 ②2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、終始計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

資金繰りに悩んだ際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

web上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている点は融資までの速さのようです。

例えば、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、オリックスグループなどどこのグループ会社なのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に選ぶ際に重要なのが最大限度額や金利、返済期間をどこまで遅く設定できるかではないでしょうか。

多くのローンのHP上には返済シミュレーションが用意されているので参考にしてください。

新潟県の方向けファクタリングお役立ち情報

\急ぎの運転資金なら/

新潟県で急ぎの運転資金調達なら