ファクタリング審査甘い

ファクタリング診断おすすめ第1位

トップページ > 神奈川県

「銀行融資を断られた!」
「急ぎで運転資金が必要!」
「ビジネスローンの審査に落ちた!」


と緊急で運転資金が必要な方に!

当サイトでは、神奈川県にお住まいの事業者の方に、最適な調達先が10秒で見つかる人気のファクタリング診断サービスを紹介しています。

まず最初に、全国のファクタリング業者を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「資金調達プロ」の利用です!

今、資金調達プロが多くの事業者に選ばれている理由は次の4つです。

  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 上場企業の運営なので安心

と大変便利で活用しやすいファクタリング診断サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで利用可能かどうか審査してくれます。

対応可能額も100万円~3億円までと大きく、手続がカンタンで結果がすぐわかるという点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
日本最大級のファクタリング診断サービス

最適な調達先が10秒で見つかる
評価対応可能額対応エリア
★★★★★100万円~3億円全国
  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 信用情報への影響なし
  • 秘密厳守で売掛先へ通知なし
  • 上場企業の運営なので安心

【カンタン10秒の無料診断!確実に資金調達したい方へ】
資金調達プロの10秒カンタン無料診断を使えば、今いくら資金調達できるかすぐに分かります。こちらのサービスを利用すれば、一社ずつファクタリング業者を探す手間が省け、自分にぴったり合う資金調達の方法をスピーディーに見つけることができます。資金調達プロは、東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心して利用できます。緊急の資金が必要な経営者様はぜひご活用ください。クリックすると、毎日複数の成功事例が確認できます。

ファクタリングまとめ

結論!全国で無数にあるファクタリング業者を徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
資金調達プロとなりました!

  • ビジネスローンの審査に落ちた経営者でも利用可能
  • 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  • 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫

急ぎの資金調達を検討している方はココに決めて正解です。

神奈川県の方向けファクタリングQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かるファクタリングですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.ファクタリングって何?

A.入金待ちの請求書を買い取ってもらうサービスです。

ファクタリングは売掛金(例えば、入金待ちの請求書等)を買い取ってもらい、早期に資金化するという内容になります。事業資金を手に入れるサービスのため、融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ていますが、それらとは異なったサービスになります。

Q.ファクタリングのメリットは?

A.ポイントは4つです。詳しくは・・・。

  • 最短即日での現金化が可能
  • 担保・保証人なしで利用できる
  • 信用情報への影響がない
  • 借入よりも審査がやさしい

となります。急ぎで資金が必要にも関わらず融資を受けることができない企業にとって、資金獲得の有力な手段の一つです。

Q.ファクタリングのデメリットは?

A.ポイントは2つです。詳しくは・・・。。

  • 手数料が高い
  • 悪質なファクタリング業者がある

となります。特に最近増えてきたファクタリング業者を騙る悪質な業者に注意が必要です。当サイトでは、安心して利用できる東証一部上場企業である株式会社セレスが運営している資金調達プロの利用をおすすめしています。

資金調達の基礎コラム

ローン商品の名前を見ているとよく目にする言葉があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういったものか確認すると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索してトップに出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると沖縄県内に事業所を持っている法人は審査を受けられるようです。

融資額も最高5000万までということなので事業転換をする際の設備投資資金に良いのではないでしょうか。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

そのため短期的に資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら可能性はあります。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、個人事業主の場合は確定申告書2年分の「決算内容だけで判断していません」というキャッチフレーズ通り赤字でも融資を行ってもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と書いてありますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

設備投資をしたいけど予算がない、下請けへの支払いが滞りそうなどそんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な長所があります。

例えば、担保や保証人が原則不要なこと、総量規制の対象外ということや銀行での融資と比べると時間がかからないことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開業資金など決算書がない場合も事業計画所提出で審査を進めてくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

近年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小さい規模でビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますがやはり資金繰りに苦労している会社は多いようです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

ビジネスローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なるので準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

①マイナンバーカードなどの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、登記事項証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて行う場合は製品やサービスのわかる資料なども必要です。

個人事業主、自営業者の方にとって事業のための資金繰りは経営上重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られています。

例として、法人の場合では、日本政策金融金庫や銀行融資など経営状況によって様々な選択ができますが個人事業主では基本的に日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性の方が高いです。

そういったときの資金繰りの方法としてアプラスやビジネクストなどのビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに必要書類など条件は違うので申し込む際は気をつけてください。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借りたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。

起業する際の強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も異なるので借りるタイミングごとにどのローンを使うのかを把握しておくことが大切です。

支払い期限が迫っているなどすぐに資金が必要なときにおすすめなのがビジネクストなどの銀行機関ではないノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン会社の場合、無担保で融資を受けられますが無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利が2%台からと低めの数字に設定されています。

中小企業における設備投資や取引先への支払いなど短期的に資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは経営者を対象にしたものになります。

事業目的の融資というと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが資金が必要な時間が近くなっている方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保が原則不要となり即日融資が可能なところもあるくらいスピーディーです。

融資で資金調達をする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、限度額1億円で年2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローン会社の場合は最低6%から最高18%とローン会社ごとに幅がとても広くなっています。

神奈川県の方向けファクタリングお役立ち情報

\急ぎの運転資金なら/

神奈川県で急ぎの運転資金調達なら