ファクタリング審査甘い

ファクタリング診断おすすめ第1位

トップページ > 秋田県

「銀行融資を断られた!」
「急ぎで運転資金が必要!」
「ビジネスローンの審査に落ちた!」


と緊急で運転資金が必要な方に!

当サイトでは、秋田県にお住まいの事業者の方に、最適な調達先が10秒で見つかる人気のファクタリング診断サービスを紹介しています。

まず最初に、全国のファクタリング業者を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「資金調達プロ」の利用です!

今、資金調達プロが多くの事業者に選ばれている理由は次の4つです。

  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 上場企業の運営なので安心

と大変便利で活用しやすいファクタリング診断サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで利用可能かどうか審査してくれます。

対応可能額も100万円~3億円までと大きく、手続がカンタンで結果がすぐわかるという点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
日本最大級のファクタリング診断サービス

最適な調達先が10秒で見つかる
評価対応可能額対応エリア
★★★★★100万円~3億円全国
  • 最適な調達先が10秒で見つかる
  • 100万円~3億円まで対応可能
  • 最短即日のスピード資金調達
  • 信用情報への影響なし
  • 秘密厳守で売掛先へ通知なし
  • 上場企業の運営なので安心

【カンタン10秒の無料診断!確実に資金調達したい方へ】
資金調達プロの10秒カンタン無料診断を使えば、今いくら資金調達できるかすぐに分かります。こちらのサービスを利用すれば、一社ずつファクタリング業者を探す手間が省け、自分にぴったり合う資金調達の方法をスピーディーに見つけることができます。資金調達プロは、東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心して利用できます。緊急の資金が必要な経営者様はぜひご活用ください。クリックすると、毎日複数の成功事例が確認できます。

ファクタリングまとめ

結論!全国で無数にあるファクタリング業者を徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
資金調達プロとなりました!

  • ビジネスローンの審査に落ちた経営者でも利用可能
  • 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  • 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫

急ぎの資金調達を検討している方はココに決めて正解です。

秋田県の方向けファクタリングQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かるファクタリングですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.ファクタリングって何?

A.入金待ちの請求書を買い取ってもらうサービスです。

ファクタリングは売掛金(例えば、入金待ちの請求書等)を買い取ってもらい、早期に資金化するという内容になります。事業資金を手に入れるサービスのため、融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ていますが、それらとは異なったサービスになります。

Q.ファクタリングのメリットは?

A.ポイントは4つです。詳しくは・・・。

  • 最短即日での現金化が可能
  • 担保・保証人なしで利用できる
  • 信用情報への影響がない
  • 借入よりも審査がやさしい

となります。急ぎで資金が必要にも関わらず融資を受けることができない企業にとって、資金獲得の有力な手段の一つです。

Q.ファクタリングのデメリットは?

A.ポイントは2つです。詳しくは・・・。。

  • 手数料が高い
  • 悪質なファクタリング業者がある

となります。特に最近増えてきたファクタリング業者を騙る悪質な業者に注意が必要です。当サイトでは、安心して利用できる東証一部上場企業である株式会社セレスが運営している資金調達プロの利用をおすすめしています。

資金調達の基礎コラム

経営者の方の中には、うまく会社が回らなくて赤字経営になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が決められるのですが赤字の場合利益が出ないのでもちろん審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを利用する場合です。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの比率は高いですがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、特に多いのが小規模事業者のようです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保やオンライン上で申請できるので来店が原則不要といったことや書類の提出から融資までに時間がかからない点が好評なようです。

中小企業における設備投資などの資金繰りで短期的に資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは経営者を対象にしたものになります。

事業目的の資金繰りと聞くと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

世の中にたくさんあるビジネスローン会社ですが正直、各ローン会社の特徴などがわからずどのローンを使えば良いか悩んでしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

実際にアップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で連絡をして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算に陥ってしまい融資が必要なときに資産と収益、総借入額などを評価してもらって希望額を借入できたという評判がありました。

他にも、従業員3名以下の小規模経営の利用が大半ということなど公式HP以外も参考にしてみてはいかがでしょう。

融資で資金調達を考える際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は3種類の金融機関による金利の相場を調べてみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、限度額1億円で年2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、銀行期間ではないノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっている分審査から融資までが早いです。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく聞くことが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

キャッチコピーとキャッチフレーズは同じという人もいますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

辞書を引いてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは雑誌の見出しなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういったローンか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索して一番上に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を行えるようです。

融資額は最大5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

そのため短期間で資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を変更をしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローン制度は使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところでA社からすると貸してた相手から完済してもらっただけということになります金融機関A社からすると通常の返済と同じように拒否することもできないからです。

借り換え目的の場合は借入先にその旨を必ず伝えましょう。

個人事業主、自営業者の方にとって新規事業立ち上げなどの事業のための資金調達は経営上重要な要素となります。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られているという現状があります。

例として、法人の場合では、日本政策金融金庫や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性の方が高いです。

そういったときの資金調達方法としてアプラスをはじめとしたビジネスローンの利用を検討しましょう。

もちろんビジネスローンごとに細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

中小企業の事業者の中には市場の変化などで赤字決算を出してしまい融資を考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は断られることも多いです。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら赤字でも融資してくれるかもしれません。

例えば、ビジネクストの場合では必要書類の本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも借り受けできたという体験談も多いです。

しかし、HPなどでは即日融資可能と表記されていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は難しいようです。

秋田県の方向けファクタリングお役立ち情報

\急ぎの運転資金なら/

秋田県で急ぎの運転資金調達なら